×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

大昔からのネイル屋アートの歴史

ネイルアートの歴史は大昔の紀元前三千年〜四千年ごろの古代エジプトには、すでにネイル屋が爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認できるほど古いですが今また現代にその華麗なネイル屋アートとして再び日常的に流行しています。近年、髪を染める時に髪が痛まないなど、人気のヘナなどの植物性の染料を用って位の高い人間ほど濃い色で色を彩されていたようですね。また18世紀頃のヨーロッパでもネイル屋はやっぱり今のようなネイル屋アートが広まっていたようですね。また中国のネイル屋でも唐の時代に楊貴妃が爪に鮮やかな染色を行っていたのは有名な話です。そして日本でのネイル屋としては平安時代に伝来し、ホウセンカやベニバナの花の汁を絞って染料にしてネイル屋が爪に色をつけていました。その後江戸時代になってからは遊女がつめに着色していた事が知られています。19世紀にアメリカで自動車用のラッカー塗料が発明されから、この技術を応用していま使われているネイル屋用品としてマニキュアが開発されネイルアートとして大きく流行しました。

ネイリスト(ネイル屋さん)になるには

近年女性のお仕事として人気のあるネイル屋は小スペース・小資金で独立開業できることもあり勉強して目指す人が増えました。そのネイリスト(ネイル屋)は、ネイルチップ(つけ爪)や爪に装飾やアートを施したり爪の美容と健康の手入れ(ネイルケア)、ネイルアートなどを行なう最近花形の職業ネイル屋として人気です。基本的には国家資格ではないため、独学で努力し技術を覚えれば、各団体試験の合格証書を取得しなくてもネイリストとして自称できます。しかし職業としてネイリスト(ネイル屋)になるには、やっぱり各種団体「JNA 日本ネイリスト協会」が認定した訓練校に通い、JNAが認定し主催しているネイリスト技能検定試験などに合格すれば、ネイル屋の美容の技術力の証明になるのでお客さまも安心するようです。指先の美しさを引き出すためにさまざまな技術を使ってサポートするネイル屋。ネイルサロンだけに限らず、エステティックサロンやブライダルサロンなどでも大変需要があります。独立開店するには最近競争が激しくなってますがやりがいのあるネイル屋さんです。

スポンサード リンク

楽しいデートのためのネイル屋さんのコツ

手際よくキレイに仕上げるネイル屋さんのネイルアートのコツと手順をこっそり紹介しちゃいますね。まずエメリーボードなどで自爪の形を整え、爪の周りも整えながらよくメンテナンスをし爪の表面は滑らかにします。前準備がとても大切ですから時間の余裕をみて始めて下さいね。次に自分の爪の表面にベースコートを塗ります、この時にネイル屋では時間をかけてゆっくりとよく乾燥させます。次にマニキュアを塗ります。単色の場合も発色を良くするため何回も繰り返しくりかえし重ね塗りをすれば手間をかけただけ発色もよくなります。ここがネイル屋の大事なコツです。最後に塗ったマニキュアが乾く前にストーンなどをバランス良く丁寧に貼り付けます。最後にトップコートを全体にくまなく塗って剥がれないようにします。このように付け爪を使用する場合は、付け爪の形を調整し、同様の手順で付け爪に装飾を施した後に自爪に貼り付けてキレイに仕上げます。これでネイル屋に負けない素敵なネイルアートの出来上がりです。それじゃ彼氏と楽しいデートに行ってらっしゃい!

Copyright © 2008 ネイル屋さんのコツ